ブログ運営

ブログのプロフィール画像は顔写真がオススメ!僕が決めた2つの理由

たけるです。

みさなんブログやSNSなどのプロフィール画像って何にしていますか?

風景や食べ物、好きなグッズにキャラクターと、その人の個性が出て面白いですよね!

僕もブログやツイッターを運用するにあたり、何がしっくりくるか悩みました。

もともと画像とか設定しないことが多いので、あれやこれやと考えた結果辿りついたのが、

 

「自分の写真」でした。

 

フェイスブック以外のある程度オフィシャルな場所で顔写真を出す。

結構勇気がいる行為だと思いますが、個人的には「やって正解」でした!

今回は、「どうしてブログのプロフィール画像は自分の写真が良いのか」についてお伝えします。

プロフィールを顔写真したきっかけ

ブログ初心者が最初にぶつかる悩み。

その代表例とも言えるのが「実名でやるかどうか」と「顔を出すかどうか」

いずれもメリット・デメリットがあります。副業的に進めたい人にとっては、身バレを防ぐためにも当然ペンネームがふさわしいでしょう。一方でビジュアル面で訴えかけたい人や、ブログに信頼感をだした人は、実名・本人写真が有効と言われています。

僕もどんな組み合わせにしようか迷っていたところ、プロブロガーの立花岳志さんが、著書『好きとネットを接続すると、あなたにお金が降ってくる』の中で、

「実は、プロフィールを書くということと、実名・顔出しというのは、まったく一致しないものです。つまり、実名も顔もださなくてかまわないので、ちゃんとプロフィールを書きましょう、ということです。」

と書かれているのを目にしました。

プロフィールがしっかりしていれば、無理に本名や顔を出す必要はないんです!

また、顔写真ではなく「似顔絵」でもいいそうです。写真に比べれば信頼性という点で少し劣るかもしれませんが、少なくとも雰囲気や印象は伝わりますよね。

特に顔がバレて危ない立場にいる人間でもない僕にとって、顔出し自体はそれほどハードルは高くありません。

が、それでも「もしも」を考えると不安がちらつきます。

そして、まる1日かけて悩んだ末に僕が出した結論は「顔出し」でした。

プロフィール画像を顔写真にするメリット①

顔写真にすることで、一定の不安とともに「自分への強いプレッシャー」が芽生えます。

ネット上とはいえ自分自身なのですが、アバター/分身という感覚が強く、なんというか・・・自分の分身には恥をかかせられない!みたいな(笑)

それがポジティブなプレッシャーとしてのってくるので、書く気に起こしてくれます。

他にも、

「顔まで出して運営しているのに、更新が止まっていたらダサいな・・・」

「知っている人が見ても、すごい!と思ってもらえるブログにしたい。」

顔写真ひとつで、頑張る理由がいくつも湧いてきます。

プロフィール画像を自分の顔写真にすることで、モチベーションアップに繋がるんですね。

プロフィール画像を顔写真にするメリット②

まともなコンテンツも、信頼も、スキルもない僕にとって、切り売りできるもの言えば自らの身体。

つまり顔です!!

自分には顔を出すことで少しでもサイトの信頼感や雰囲気、それっぽい感じを出していかなくては差別化できません。

「いや、すごいイケメンなわけでもないのに差別化は無理でしょ・・・」

それでもいいんです!!それくらいしか出来る事がないんです!(開き直り笑)

出来る事は可能な限りやる。今持てるリソースを最大限使う。顔の良し悪しは別として、サイトが良くなるのであればやるべきだと思ったのです。

顔出しが吉と出るか凶とでるか。どちらにしても、あとはコンテンツ・記事の充実が最優先です。

名前負けならぬ顔負けしないよう、どんどん記事を更新していきたいと思います。

ブログを始めて間もない方は、是非顔出し(似顔でももちろんOK!!)で、勝負を仕掛けてみてはいかがでしょうか!