雑記

早寝は絶対に良い気がする。

「絶対に」と「気がする」というあからさまな矛盾から入りましたが、実は昨日久しぶりに夜の12時頃寝ました。

普段は仕事から帰ると、疲れを言い訳にグダグダしたり、転職活動をやろうとしつつやらなかったり、ブログを書いたりで、寝るのは早くても2時近く。

結果、朝は死ぬほど辛い思いをしながら布団から出ます。

もう、マジで、こんなに辛いのかって言うくらい辛い。

とにかく寝起きが悪い。

そのくせ、布団の中で仕事やら心配事やらが次から次へと出てきて、考えたくないあまり布団から抜け出せないヘタレっぷり。

ようやくギリギリの時間に体を起こし、頭も回らない状態で支度→出勤。

起きてから1時間と経たずに仕事を始めるのが僕の日常です。

 

社会人というか、人としてダメだと思いつつ、夜頑張ると朝はとても起きられない。

とはいえ寝不足だと日中は全く頭が冴えなくて、疲れも抜けない。

夜遅くなるほど、ネットで色々と情報を診始めたり、対して意味のない事に時間を浪費する・・・。

 

まさに負のスパイラル。

 

で、何より感じたのは、夜に大事なことをやろうと思っても、日中でへとへとになるので、全く能率的でないこと。

 

朝活を推奨するあらゆる記事や本に載ってる通りで、本当に大事なことは朝やるのが一番。

ブログしかり、転職活動しかり。

夜にやろうと思っても、意志力、脳の働きともの消耗しきってて、全くポジティブにもなれない上、返って弱気になるばかり。

だから、大事なことこそ朝のうちにやる。

 

面接の練習や、求人のチェック、エージェントととのやりとり。

この辺りが僕にとっては喫緊の重要案件。

ブログは楽しみ半分だから、夜にやっても問題ない。むしろ、息抜きにもなる。

 

なんで急にこんなことを言い出したかというと、今日の朝、すごくスッキリ起きられたから。

何より、沢山寝た感覚になった。

朝目が覚めても、あれ、まだこんな時間?という具合に。

 

だから、きちんと早く布団に入れば、朝はスムーズに目覚められる。

夜遅く頑張るよりも、朝起きて2時間自分の時間を作れれば、絶対に人生、大げさだな、生活も精神上も良い。

 

ということで、今日のブログも短めに。

明日の朝、きちんと起きて活動できるか、またここで報告したいと思います。