仕事・転職

【転職】転職活動の目的をつい見失ってしまわないように。

転職についてあれこれ考えたり、求人票を見て企業を調べているうちに、転職の目的を忘れそうになりました!!

どうも狩野kenです。

就活や転職活動をしていると、内定や転職自体がゴールになってしまうことってありませんか??

特に学生の方は、就職活動をしているとこのパターンに陥ってしまう人が多いのではないでしょうか。

でもこれ、無理もないなと今でも思います。

いや、今だからこそはっきりそう思えます。

 

ちょっと昔話になりますが、僕が新卒で就職活動をしていた頃のことです。

当時の僕は、いくら説明会に出ても、自己分析をしても、「やりたい仕事」が見つからない。

その上、どんなキャリアを築きたいかも分からない。正確には、上手く描けない状態でした。

ただ、漠然としながらも、僕の中には2つだけ譲れないものがありました。

1つは給料の良い会社に入りたい。僕の実家は貧乏で、おまけに妹と弟がいました。だから、少しでも給料の良い仕事に就きたい。

2つ目は一流企業・大企業に入りたい。名前の知れた会社に入って、周囲から認められたいという思い。育った環境、長男という立場からか、人よりも承認欲求が強い人間でした。

特に2つ目は、今にして思うと浅はかだと思いますが、当時はその位しか自分の中で「なりたい姿」が見当たらなかったのです。

 

大げさではなく、僕と同程度の考えともち、もがいていた人、苦しんだ人は多かったと思いますし、今も大勢いると思います。

就職活動に限らず、大学受験も似たようなものです。高校3年生になって、いきなり「将来」「やりたいこと」について聞かれても答えられるわけありません。

学部を選ぼうに、人生をデザインしようにも、その方法については学校で一切教わっていません。

結果、判断基準は「偏差値」「ブランド」「現状の学力」になり、大学合格=目的という手段の目的化が生じます。

でも、繰り返しますがこれは仕方ないことです。日本の採用・就職システムがそのような形になっているのです。

(責任転嫁をしたいとか、そういうことではなく)

 

話を就職活動に戻すと、単純に「仕事」をしたことがない人に、どんな仕事をしたいかを聞いても、まともに答えられないことが「普通」なのです。

新卒であれば「普通」のことですが、転職活動では違います。

転職を希望しているあなたは、既に「仕事」を経験しています(なんか当たり前のことですねすみません)

だから、手段の目的化、つまり内定=ゴールになってはいけません。

いけません、が。

今回転職活動をやってみて、あれこれ考えているうちに、僕は「内定」=ゴールという手段の目的化の罠に陥っていました。

そもそも内定を取ることは一つの通過点であって、その先を考えることが最も大切です。にもかかわらず、送られてくる求人票で「良いかも」と思った企業に応募してしまっている。

仮に応募自体は悪くないとしても、常に「なぜ転職をしたいのか」「転職の結果、自分が一体何を望んでるのか」というところから目を離してはいけません。

焦ったり、不安になったり、自分がどうしたいのか分からなくなると、あっという間に「内定」が「目的化」し、視野が狭くなります。

「内定」=「目的」で思考が止まると、新卒の学生と同じ状況に陥り、納得がいく転職などできなくなります。

もしそうなってしまったら、転職活動も苦しく、楽しくないものになります。

苦しんで転職活動をするのであれば、いっそ転職をしない。その方が幸せという場合もあるかもしれません。

 

転職活動を始めると、沢山の求人が届きます。

選考をどんどん受けるように急かされることもあります。

気づいたら入社するつもりのない企業を受けていることもあります。

 

転職活動を始めると、もっともらしい理由をつけて、自分に嘘をつくことがあります。

早く内定をもらいたいと焦るようになります。

自分の価値を自分で認められなくなる時があります。

 

そんな時は、少し立ち止まって、深呼吸です。

そして、自分に向けて問いかけてみてください。

「なぜ自分は、転職するのだろう」

「何のために転職するのだろう」

「どんな転職であれば、納得できるだろう」

シンプルですが、この3つにしっかりを答え続けることが大切です。

転職活動を進めるに従い、自分や仕事への理解も深まり、答えは変わっていくと思います。

変わってもいいのです。

自分の言葉で語ることができればよいのです。

転職の目的が「内定」であれば、すぐにゴールに辿りつきます。

求人は山ほどあるのだから、手当たり次第受ければ、すぐに手に入ります。

でも、あなたが目指すゴールは違うはずです。

「転職の目的」を忘れず、目を離さないようにしましょう。

走り続けていると、疲れて頭が下がります。

頭が下がれば、目的地は見えません。

そんな時は、立ち止まって顔を上げ、自分がどこへ向かっているのかを確かめましょう。

方向が決まってから走り出しても遅くはありません。

速く走るよりも、正しい方向へ走ることが、成功への近道です。