雑記

東京スカイダイビングクラブでダイビング初体験!!アクセスや料金もご紹介

こんにちは、KENです。

つい先日、人生で初めてスカイダイビング行って来ました!( ̄∀ ̄)!

刺激大好き人間にとっては、これ以上ない最高のアクティヴィティーなんですが・・・。
数あるチャレンジングなレジャー体験の中でも桁外れでしたね・・・。

茨城県の竜神大吊橋で100mからバンジージャンプを経験した僕でも「ガチでお漏らしをする寸前」のレベルでした(^^;)

例えるなら最高の快感と最強の恐怖が同居した感じです。

ということで、今回は東京スカイダイビングクラブスカイダイビングを初体験してきたので、その模様をお伝えします。

こんな方にオススメ!

・スカイダイビングに挑戦してみたい方
・東京近郊でスカイダイビングやってみたい方
・東京スカイダイビングクラブを検討している方

東京スカイダイビングクラブとは??

東京近郊でスカイダイビングができるスポット調べると、基本的に以下の2社が出てきます。

・東京スカイダイビングクラブ(埼玉県)
・スカイダイビングクラブFast(茨城県)

が、2つ目の「スカイダイビングクラブFast」は現時点で公式サイトが出て来ず・・・。
ひょっとしたら既にサービスを停止しているかもしれないですね。

消去法になりますが、今回は【東京スカイダイビングクラブを選びました。
比較対象がありませんが、HPに記載されているポイントや内容を見る限り、とってもしっかりしていて楽しめそうな雰囲気です(事実そうでした)

東京スカイダイビングクラブのポイントをHPより抜粋↓↓

・アジア最大級19人乗りのダイビング専用機
・上空まで約20分の遊覧飛行
・国内最高高度12,500フィート(≒3,800メートル)
・国内最長フリーフォール
・クラブ創設以来41,000件の体験スカイダイビング実績

「3,800mって、富士山より高いじゃん・・・(^^;)」

クラブ概要

場所:埼玉埼玉県桶川市『ホンダエアポート』
時間:集合~解散までの所要時間約2時間
参加条件年令: 16歳以上
身長: 140~190cm以内
体重: 40~90kg以内
料金:体験ダイビング / 32,000円

「東京」とついていますが、場所は埼玉県です。次は申し込みやアクセスについて説明しますね!

東京スカイダイビングクラブへの申し込み方法

東京スカイダイビングクラブはネットから申し込みが可能です。サイトのカレンダーから必要事項を記入し申し込みをすると、後日(はやければ当日)担当の方から予約内容の確認があります。

ネットの申し込み時点で空いていても、既に予約で埋まっている場合もあります。その際は担当の方から別時間等の案内があります。

事前の決済はなく支払いも現金のみなので、手続きも簡単です!

この段階ではまだウキウキ気分でしたが、頭の片隅には「申し込んじまった〜。本当に飛べんのかな…」という不安のタネが、ムクムクと育ち始めていました。

東京スカイダイビングクラブへのアクセス

さぁ、あっという間に当日です。アクセスについては「電車」に限定してお伝えします!

最寄り駅は「桶川」か「川越」のいずれかです。
最寄りのバス停は「山ヶ谷戸」(やまがやと)です。

駅から飛行場までは到底歩ける距離ではないので、バスかタクシーです。
また、バスを使った場合も最寄りの「山ヶ谷戸」までであり、そこから歩くと20分ほどかかります。※バスは1時間に1本程度

駅から飛行場への送迎はありませんが、バス停「山ヶ谷戸」〜「飛行場」は送迎があります。

少しややこしいので整理すると、

①タクシー利用:「川越駅」「桶川駅」から直接飛行場へ(2,500円〜5,000円)

②バス利用:「川越駅」「桶川駅」から「山ヶ谷戸」へ。バス停からは送迎を利用。

ここでポイントとなるのが、「山ヶ谷戸」行きのバスです。僕も最初バスを利用する予定でしたが、本数が少なく時間もかかる(25分ぐらい)ため、桶川駅からタクシーで飛行場まで向かいました。

タクシーならダイレクトに飛行場まで行け、時間も15分程度です。その分交通費はかかります。

もしバスと送迎を使用する際は、余裕をもって到着することと、バスの時刻表をしっかり確認することをオススメします!

今回は桶川駅から向かいましたが、タクシーは沢山止まっているので、事前に予約をする必要はありませんでした!

 いよいよ飛行場へ到着

集合時間に遅れること5分。タクシーで会場へ滑り込みました。事前に「すみません5分遅れます!」と伝えましたが、多少遅刻をしても飛べないということはなさそうでした。

河川敷の飛行場はただただ広い!!駐車場もあり、ピクニックに来ている家族ずれもちらほら。

天気も快晴で最高の初体験ができる予感しかしない状況!

飛行場なので、ダイビング用のセスナ以外も小型機も停まってました。

受付はこんな感じ。

大きい建物はなく、こんな感じのプレハブがいくつか立ち並んでます。

裏にはベンチやブルーシートが敷いてあり、同じように体験に来ている方や、単独で趣味として飛ぶダイバーやインストラクターさんが大勢いました!!

がやがやしてる感じはなく、ほのぼ〜の。

受付で申込書の記入と支払いを済ますと、あとは搭乗まで30分〜40分ほど待機です。

この間にトイレや水分補給をすませておきましょう!!

まだ、まだ、この段階では「スカイダイビング初体験イエーーーーイ!!!!!!!」でしたが、この後一気に血の気が引いていきます。

スカイダイビングへ、いざ飛び立ちの時

「15時テイクオフ。KENさ〜ん」

「はぁぁぁぁい!!!!」

アナウンスがかかったので元気よく受付へ。体験ダイビングは僕以外の男性が一人、女性が二人いらっしゃいました。

タンデムしてくださるインストラクターさんに呼ばれ、説明を受けます。

「じゃ、このツナギを着てください。」
「メガネはかけたまま飛びますか?」
「降りる時の練習と、着地時の練習をしますね。降りる時は手を胸に、頭を上に向けえびぞってください。降りて姿勢が安定したら肩をたたくので、バンザイしてください。着地する時は足をぐっと持ち上げてください。以上です。」

「えぇ!?い、以上?!」

手続きや説明を含め、相当あっさりしています(^^;)この辺はインストラクターさんによるみたいです。

もし飛行機が壊れたら・・・とか、誓約書内容等も特に説明はなく、自分で読んでおく程度なので、人によっては多少不安を感じるかもしれません。

もちろん心配な事があれば質問OKなので、気になる点は積極的に聞きましょう。

服装は軽装で問題ないですが、動きやすい長袖/長ズボンと、スニーカーで臨みましょう。

メガネの方はコンタクトだとより楽しめると思います。メガネ着用用のゴーグルもありますが、結構締め付けが強いので痛いです。

さぁ、準備が終わると飛行場へ。小型セスナに乗り込みます。機内は椅子等なく、全員が地べたに座り、結構なすし詰めです。

何が怖いって、床に直に座ることと、人が乗るだけなので室内には何ら装飾もなく、無機質!

https://tripler.asia/skydiving/イメージですがこんな感じです。このままテイク・オフし、ぐんぐん高度が上がってきます。

高度が安定するまで結構飛行機が揺れるんで、この過程も中々の恐怖!!そして感じる膀胱の違和感…・。

「ま、まじか。この高さから飛ぶとかありえんやろ」

どんどん顔がひきつりだします(笑)

そして遂に運命のアナウンスが、

「降下ポイントです!!!」

遂に着いきました。高度3,800m

「ガラガラガラッッッッッッ」

勢いよくハッチが開かれます。

僕は一番奥に収まっていたので、ハッチの先はチラッとしか見えませんでしたが、広がる青い空。ただただ青い空。

「ま、まじか。この高さから飛ぶとかありえんやろ」ここでも一気の僕の膀胱が活発化します。本気で思いました。

「俺、漏らすかもしれん」

ベテランダイバーの方々がどんどんと飛び降りていく中、体育座り状態で出口に近づいていきます。

 東京スカイダイビング、その瞬間

はっきり言います。怖かったら「やっぱり無理です!」と正直に言いましょう。

タンデムのインストラクターさんは有無を言わさず前に出ます(笑)

ひきつる体と心を必死にこらえつつ、僕は心で思います。

「考えるな!もうこれは行くしかない!」
「考えるな。考えたら絶対飛べない。体を動かすことだけ考えろ!」

理性と本能を必死に抑えつつ、飛行機から足を振り出します。

体は既にインストラクターさんが支えているので、もはや僕には抵抗の余地がありません。

視界には雲と大空が広がり。あまりの恐怖に目を閉じました。

そして次の瞬間、ダイブ!!!!!

落ちる時はジェットコースターやフリーフォールのアトラクションよろしく、内臓が浮きます。

が、そこを超えればあとはひたすら落ちるのみ!!

ものすごい風速に圧倒されそうになりますが、落ちる瞬間を超えればあとは最高の「快感」と「刺激」、そして「風速」が襲っていきます!!

インストラクターさんが合図を出したら、よく見かけるスカイダイビングポーズに。

落下中は富士山の姿もはっきり見えました!

落ちてる感覚と地表が迫る恐怖は多少あるものの、体制が落ち着くとあとは爽快感をひたすら楽しむのみ!!体感でいくと1分くらいフリーフォールを体験した後は、パラシュートが開いて遊覧飛行モードに移ります。

この時下をみてると物凄い勢いで酔うので、なるべく遠くを見ましょう(笑)

無事河川敷の茂みに着地、降りた後はバンに乗ってもとの場所へ戻ります。

 無事、生還

気分はさながらミッション・イン・ポッシブルのイーサン・ハント。

元々ダイビングをしたいと思った理由は、アクション映画への憧れだったので、念願叶って最高の初体験でした。とはいえ、落ちる瞬間までは過去最高の恐怖でしたけどね(笑)

そこさえ乗り越えれば、、、言葉に尽くせない刺激が待ってます。

ベースまで戻ったら、ツナギを返し、受付でステッカーをもらって解散です。帰りはバス停まで送迎があるので、バスの時間を見てお願いしましょう。

送迎中にドライバーさんに聞きましたが、ダイビングは年齢関係なくできるそうで、

「最高で100歳ごえ」

だそうです。まじかよ。

何はともあれ、無事にスカイダイビング初体験を終えることができました。行って本当に良かったです。人生の中でも指折り数えるほど刺激的な経験でした。

スカイダイビングに初めてトライしたい方は、ぜひぜひ東京スカイダイビングクラブへ!!