妊活/不妊治療

【妊活】杉山産婦人科で不妊治療をし、妊娠に至るまでの話(2)タイミング療法開始〜

たけるです。

今回は妊活奮闘記2回目をお届けします。

我が家は東京都新宿の杉山産婦人科で本格的な不妊治療を行い、無事妊娠に至りました。

不妊の可能性が高いと判断してから「タイミング療法」「人工受精」「体外受精」と、一通りの不妊治療を行なってきました。

妊娠に至るまでの経験について、妻の感想も交えながらお伝えしていきます。

今回は、もっとも初歩的な不妊治療の一つであるタイミング療法についてです。効果やメリット、デメリットなど、素人目線ですが、経験者の声をというかたちでお伝えしていきます。

こんな方におすすめです

・将来子どもを産みたいと考えている女性の方、ご夫婦
・セックスでは妊娠がうまくいかず、不妊治療を考えている
・現在不妊治療を受けている
・新宿区の杉山産婦人科での不妊治療を検討している
・タイミング療法を考えている

なお、治療の方針や費用などは病院によっては違う部分もあり、併せて治療による痛みや効果についても個人差があります。

そのため今回の記事を含め、あくまで参考というかたちで捉え下さい!

そもそもタイミング療法とは?

タイミング療法は、その名の通り妊娠しやすいタイミングを狙って性行為を行う方法です。

<div class=”simple-box9″><p>タイミング療法は、「最も妊娠しやすいタイミングに性交を行う」方法です。基礎体温や超音波検査、ホルモン検査などを参考にしながら排卵日を予測し、効果的な性交渉のタイミングをアドバイスします。もっとも自然な妊娠に近く、お二人にとって負担の少ない不妊治療のファーストチョイスです。
(銀座こうのとりレディースクリニックHPより)</p></div>

排卵が近いことを知るには、自身で基礎体温を測り、その変化から導くこともできます。タイミング療法は、体温だけでなくエコー検査などで排卵の状態や大きさを確認し、より正確な日にちを予測することで妊娠の確率を高めます。

採血やお腹にエコーを当たるだけなので、痛みも全くなく、短時間で処置も終わります。そのため、非常に取り組みやすい不妊治療です。

我が家も最初に挑戦した不妊治療はタイミング療法でした。妊活を始めたものの、少しでも確率を上げたい場合や、基礎体温を測ることが面倒という方にとっても取り組みやすい治療です。

タイミング療法にかかる費用

タイミング療法は不妊治療の中でも最も安価な検査・治療の一つです。

1回のあたりの費用は3,000円程度〜となっており、病院や追加の治療、保険適用の可否によって多少変動します。

我が家が最初に通ったクリニックでは、1回/3,000円で、排卵を促進する誘発剤注射も含まれていました。

杉山産婦人科新宿へ行ってからは、1回/5,000円と値上がりしました。この辺はクリニックによって差が出ますね。

タイミング療法の効果

さて、肝心の効果ですが、我が家は既にご承知の通り、タイミング療法では妊娠に至りませんでした。

合計8回/30,000円近くもかかったのにな〜(^^;)

これはあくまで結果論ですが、正直な感想を述べると、「2回〜3回行なったらステップアップした方が良い」というのが我が家の結論でした。

タイミング療法は非常に取り組みやすい治療ですが、あくまで性行為の時期を見極めるだけなので、妊娠に至る確率を大きく向上させるとは言い難いです。

不妊は根本的な原因がわからないケースも多く、我が家も夫婦揃って検査上特に異常はなかったものの自然妊娠が出来ませんでした。その場合、タイミング以外の要素(精子の状態・子宮や卵管の状態等)が影響していると考えられるため、同じ方法を繰り返してもあまり効果が得られないという結果になってしまします。

自己流の妊活よりも半歩だけ進んだ不妊治療のため、どうしても不妊治療としての効果は弱くなってしまうんですね。

タイミング療法のまとめ

半年〜1年近く自然妊娠を目指した妊活を行うのであれば、複数回〜タイミング療法を織り交ぜることは良いと思います。

もっと早く妊娠をしたい場合や、1年経っても妊娠に至らない際は、タイミング療法を継続するのではなく、人工授精体外受精といったステップへ進むことおすすめします。

勿論お金のかかる話でもあるので、すぐ決断を下すことは難しいと思います。ただ、最終的に体外受精まで行なった僕たちとしては、もっと早く人工・体外へ踏み切れば良かったと少し後悔をしています。

理由は費用年齢です。安価とは言え、回数を繰り返せば費用はどうしても嵩んできます。また、時間の経過も妊活には大きく影響します。二人目、三人目が欲しいご家庭や、卵子の質といったものなど、年齢が上がるにつれ負担やリスクは大きくなります。

体外受精などは費用もかかりますし、何より精神的に抵抗をもってしまう方もいると思います。妻も「まさか自分が体外受精をすることになるなんて」と、踏み切る前には少し悩んでいました。

否定的な意味ではなく、どうしても周囲の人や友人が自然妊娠ばかりだと、ついつい自分を責めてしまうんですね。「自分が悪い。だから子どもができない」「どうして周りは普通に妊娠できているのに、自分ばかりが違うんだろう」そんな風に思ってしまうんです。

ただ、無事妊娠をして振り返ると、もう少し早いタイミングで決断をしても良かったなと思っています。「体外受精までやってできなかったどうしよう」という不安もありますが、妊活が長引くと、経済的にも精神的に負担が増えていきます。

最も確率を高い方法を早い段階で実施するということも、賢明な判断の一つです。

妊活を始めた方は、ぜひご夫婦でこの辺りの進め方を相談してみてください。

転院時の検査結果

杉山産婦人科へ転院した際、タイミング療法と併せ、夫婦そろって妊娠に関する検査を受けました。

その際、僕は精子の運動量と量がやや低く、妻は卵子が実年齢よりも約5歳上回っているという結果が出ました。

卵子の数は有限ですし、時間とともに質や状態は低下していきます。こうした状況もあり、我が家はタイミング療法から人工授精にステップアップすることを決めます。

クリニックによって検査する項目に違いがありますが、女性のみならず男性も、初期の段階でしっかり検査を受けましょう。仮に今すぐ妊活をする予定がない場合も、将来出産を考えているのであれば、先に査だけ受けておくことを強くお勧めします。

後で分かってからでは、色々と後手になる事が増えてしまいます。検査を受けておけば、その分意思決定や妊活のステップ、スケジュールも組みやすくなります。受けて損は一つもありません。

今回はタイミング療法についてお伝えしました。次回からはいよいよ杉山産婦人科新宿で人工授精を行なった内容をお伝えします。

手軽にできる妊活サポートサプリ

不妊治療を受けつつ、少しでも妊娠の可能性を高めるには、サプリメントを服用してみることも一つの方法です。

妊活には葉酸が重要と言われているので、調べた中でもオススメのサプリメントをご紹介します。

運動や食事で、健康/健全な身体を保つことは、妊活において基本です。忙しい方も、サプリメントなら摂取しやすいので、出来る事から少しずつ積み重ねていきましょう。

ノコアの葉酸+DHA/EPA
葉酸に加え、DHA/EPAが含まれている点が特徴です。

DHA/EPAオイルは妊婦さんの早産や糖尿病、アレルギー対策、メンタルケアなど 様々な悩みに効果的でさらに胎児の脳や神経の発達の素となり 実は妊婦さんに必要不可欠な栄養素として注目されています。

ベルタ葉酸マカプラス
DHA/EPA配合に加え、こちらは「国産マカ」を配合しており、男性も服用することで効果があります。

妊活サプリメントの中で、夫婦で飲む事をすすめるものは珍しいですね。サプリメントなので、効果のほどは正直未知数ですが、ご主人・旦那さんも一緒に飲めるという点は良いと思います。

妊活は女性一人で行うものでも、頑張るものでもないです。男性にも積極的な意識をもってもらうために「一緒に飲む」という行動を取り入れる事は大切です!

我が家は妻だけが飲むものを取り入れていました。少しでも妊娠の可能性が高まるよう、出来る事からコツコツ取り組んでみましょう!