雑記

『エッセンシャル思考』が生きていく上で本当に大切だと日々感じる話

こんにちは、KENです。

今、このブログ、この記事を見ているそこのあなた!!!!

人生10倍、いや100倍得してます。

たとえ今さっき仕事で取り返しのつかないミスをしていても

恋人にとんでもない嘘がばれてしまっていても

財布を落としても、タンスに小指を激突させても

あなたは本当に幸運です。ラッキーパーソンです。

人生既に得してます。

『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』

僕は偶然にもこの本に出会ったのですが、それもつい最近のこと。

仕事で少し行き詰まり、自分の中で出口が見えずに悩んでいる時でした。

読み終わったみると、決して今の仕事に限らず、ここ数年自分自身が悩んでいたこと、何度も陥ってしまっていた心理状態から脱する鍵が、エッセンシャル思考にあったんだと気付きました。

過去、何十冊も自己啓発本を読んできましたが、エッセンシャル思考は人生においてもトップ3に入る素晴らしい本です。

毎晩お風呂に入りながら少しずつ読み進めていましたが、それは僕にとってとても幸せなものでした。

その位、素晴らしい本です。

どんな経路で見つけたのかは、正直正確には覚えていません。

ただ、とある文章が僕の心に引っ掛かったのです。

「優秀な人ほど仕事が集まり、忙しさがます。そして、あまりの忙しさに本当にやるべきこととそうでないことの見分けがつかず、結局は中途半端な成果しか出せず、疲弊していく」

人と比べた時、自分のどれくらい優秀かは正直分かりません。

でも、とにかくまさに自分は、色々な仕事を引き受けすぎ、本来やるべきこと、優先順位、自分の本当に本質から大切なことは何かを見失っていました。

それでも力づくで乗り越えようとし、文字通り疲弊と中途半端さだけが残る状態になっていたのです。

文中では「成功のパラドックス」と言われ、優秀な人ほど陥りやすいのだそうです。

 

本書の通底するテーマは「自分にとって本当に大切なことだけやろう」です。

自己啓発本にありがちなセリフではありますが、なぜそうなのかが非常に論理的に、分かりやすく、明快に書かれています。

キャッチコピーで読者を釣る最近の薄っぺらい本とは違います。

中身で勝負。何より、腹落ちします。

 

毎日仕事が忙しく、大変な方。

自分にとって大切なものを見失っている方。

今の状況に、何かしらの不満を抱いている方。

心の底からオススメです。僕はこの本に救われました。

一読して、後悔はないです。